学生ローンは未成年でも借りれるの?

日本の法律では20歳以上が成人。20歳未満は未成年となっています。そして借金も未成年はできない法律になっています。ただお金が必要な人は様々であり、未成年だからといってお金に困らないことはないですよね。
(未成年ができないこと→未成年者 - 民法まとめ

 

一般的に未成年ができないことは以下のとおりです。

  • 飲酒
  • 喫煙
  • 馬券購入
  • 競輪(車券)購入
  • 競艇(舟券)購入

 

結婚する前に妊娠して赤ちゃんができた時などは、出産するにせよ、堕胎するにせよ高額な費用がかかります。しかし、そんなときでも日本の社会はお金を借りれる制度ではないのです。

 

未成年でも結婚していれば学生ローンが利用できるの?

ただし未成年の方で借金をしたいという方でも、結婚をして入籍をしている人であれば18歳以上であれば成年と認められます。ただし、その場合でも学生ローンは利用できません。

 

20歳以上の学生であっても、借りる人の社会的状況などで審査に通るかどうかは別になります。

 

未成年はお金を借りれない

未成年でも18歳以上の既婚者であれば成年であると認められるものの、学生ローンは使えないというのは知っておきましょうね。おそらく未成年ですと借金の返済能力的に未熟な人が多いからこんな法律になっているのだと思いますが、借りれないからと言って闇金業者に手を出すのだけはオススメできません。絶対に思いとどまってくださいね。

 

わけのわからないホームページでおすすめされていても、評判の良くない業者からお金を借りてしまい、もしも返せないことになれば、苦労しますから計画的でない借金は絶対にやめましょうね。

 

例外として、未成年がキャッシングする場合には親の同意が必要!

基本的にキャッシングを利用できる年齢は20歳以上となっているため、高卒以上であっても18歳や19歳だとお金を借りることはできません。ただし、近頃の学生ローン業者では未成年であっても親の同意があれば利用可能としている所も意外に多いです。

 

未成年が親バレを避けながらお金を借りることは無理ということになりますが、特に親元から離れて生活をしている場合や親にお金を借りれない時には、20歳未満であってもキャッシング可能となるサービスがあると便利ですよね。

 

ところで、学生ローンの利用で、未成年が親に内緒でお金を借りれない理由には法律が関係しているのです。民法には未成年者の法律行為に関する原則があり、正規登録の貸金業者ならばこの法律をキッチリと守っているからと言えます。

未成年者の法律行為
未成年者が法律行為(取引)を行うには、原則として法定代理人の同意を得なければならない(5条1項本文)。未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は、取り消すことができる(5条2項)。取り消すことができる者(取消権者)は、未成年者本人(とその承継人)およびその代理人である(120条1項)
【引用:民法まとめ

 


学生ローンおすすめ