学生ローンとプロミスの条件の違い

大学生や専門学生の方がお金を借りようとする時に「学生ローン業者」が有名ですが、大手キャッシングサービスのプロミスは学生でもお金を借りることができるのを知ってましたか?

学生ローン業者とプロミスの比較

  学生ローン プロミス
融資スピード 翌日もしくは数日後 最短1時間融資
借入の情報 在籍確認の電話などでバレる可能性アリ WEB上で手続き可能・電話が必要な場合も個人名で連絡なので親や職場にバレない
金利 15%〜20%超え(実質年率) ・4.8%〜17.8%(実質年率)

・30日無利息サービスあり(メールアドレスとWEB明細の登録)

 

学生ローンよりもプロミスのほうが、融資速度・安全性信頼性・金利面のすべてにおいて、街にある学生ローン業者よりも有利な条件で借りられます。「プロミスで学生がお金を借りられるとは知らなかった」という方も多いのですが、「満20歳以上でアルバイトなどで安定した収入のある方」であれば借入申込ができます。

 

申込みも24時間365日可能ですので、簡易的な3秒診断でお金が借りられるか試すだけでもしてみてはいかがでしょうか?

 

街にある学生ローン業者よりも、プロミスのほうが申込みが近年増えている理由は便利さ、安心感なのです。

 

わかりやすい3項目で3秒診断!!
※街の学生ローン業者よりも断然プロミスがおすすめです。

プロミスは学生にも対応している大手ですから安心!

※WEBからの申し込みでスピーディーな審査

※事前診断で借り入れ可能か調べてから申し込むのがポイントですよ!

◎→プロミス公式サイトはコチラ

こんなところが不安じゃないですか?学生借入あなたの疑問点3つ!

1,いきなり行って本当にすぐ借りることが出来るのか?
2,騙されたり、後から変な請求が来たりしないのか?
3,親や学校にバレてしまったりしないのか?

注意!学生がローンを使うときに外しちゃいけない3つの重要点!

1,学生対応のサービスでないと借りることは不可能!
2,無利息借入期間を設けているサービスで申し込むと得!
3,嘘をついたり、電話番号や住所をわざと間違えたりしない事!

上記の3点は非常に大切なポイントですので絶対に忘れないようにしてください。
ここさえしっかりと守れば、学生がローンを組むときに審査に合格する可能性はグッと上がることでしょう。

 

カードローンの疑問、学生の融資は可能です!

学生だとしても、突然お金が必要になるときってありますよね。
でも、親にお金を借りるわけにもいかず、学校でバレたらまずいという人も多いでしょう。
学生にとって、借金する方法なんて身近にはないものなのでしょうか?

 

しかし、学生さんでも利用できるオススメの借金・借入サービスがあるんです。

 

当サイトでは、学生の方でもスムーズに安全に借り入れ可能なサービスと、学生ローンと大手カードローンの違い、そして外してはならない重要なポイントをご紹介していきます。

 

※ただし、条件としては満20歳以上の大学生・専門学生であり、アルバイトなどで安定した収入のある人です

 

わかりやすい3項目で3秒診断!!
※街の学生ローン業者よりも断然プロミスがおすすめです。

プロミスは学生にも対応している大手ですから安心!

※WEBからの申し込みでスピーディーな審査

※事前診断で借り入れ可能か調べてから申し込むのがポイントですよ!

◎→プロミスの詳細

 

 

 

学生ローンは親や学校にバレない

大学生や専門学生が借金をする理由というのは周りには言いにくい物でしょう。

  • 「彼氏、彼女にプレゼントを買いたい」
  • 「今月の生活費がギリギリだ」

などなど、
事情は人それぞれですが、とにかく周りには迷惑を掛けたくないもの。

 

当サイトので紹介しているサービスはどこも「親や学校」にバレない様に手続きをしてくれるという点がおすすめです。

 

そもそも法律にて、「第三者に債務情報を伝えてはならない」というような形で取り決められていますから、ここは絶対に守ってくれます。(参考リンク:信用情報 早わかり!|信用情報について|指定信用情報機関のCIC

 

しかし、もしも計画を適当に立てて、返済できない状態に陥ってしまうのは良くありません。

 

なので「返済がしやすいかどうか、利率が安いかどうか」というのを重視してサービスを選ぶべきです。

 

なかでも「無利息期間のあるサービス」はおすすめで、短期の借入では便利ですので、学生さんが選ぶ際には非常に大切なポイントとなるわけですね。

 

学生ローンと学生カードローンの違いは?

学生ローンと学生カードローンでは違いはないように感じられますが、内容は異なるものです。

 

学生ローンはあまりおすすめできない

学生ローンと一般的に言うと、学生専門の貸付サービスのことを言います。これは大手のカードローンサービスと異なり、金利も高く設定されていたりと、あまりオススメできません。学生ローンのなかには未成年にも貸付をするようなところもあるようですが、これは法律的にはグレーであり、危険を伴うものといえます。さらに、お金を借りたことを親や家族・学校に内緒にしてくれない可能性もあるので、一口に学生ローンと言っても、おすすめできないのです。

 

大手の学生カードローンは安全おすすめ

逆に、当サイトでは大学生や専門学生がお金を借りたい時には、大手カードローンサービスで学生さんが借入申込をすることを、おすすめします。

 

理由としては以下の2つ

  1. 安全・安心である
  2. 在籍確認や親バレ・学校バレ・に関する個人情報に最大限配慮してくれる

 

この2点がいわゆる学生ローンと比べて、圧倒的にしっかりした体制をとっているということです。さらに、大手学生カードローンサービスの利点として・・・

  • 低金利や無利息サービスもある
  • スマホやパソコンから24時間申し込みが可能で、即日融資も可能
  • 提携ATMが多いので、コンビニ等で来店不要で借りることができる

など、学生だけでなく、普通のサラリーマンなどにも重宝されているものです。

 

安全に安心にピンチを乗り切るために借りるのであれば、大手のカードローンサービスを選ぶことをおすすめします。

 

 

学生ローン おすすめ

学生ローンってなに?

学生ローンとは、大学生や専門学校生、また予備校生の方が学費や生活費などに困った時、親に頼らずに必要な資金を捻出することができる学生専用ローンのことです。

 

融資の対象を学生に限定しているため、親バレや学校バレ・アルバイトの職場バレなどに配慮してくれるという利点があります。

 

また、学生ローンについては次のような解説もあります。

日本と外国の学生ローンの違い
学生ローンとは学生さん専門の消費者金融です。外国では学生ローンと言うと学費を低金利・もしくは無利息で援助する公的なものですが、日本における学生ローンは民間の貸金業者です。 「学生キャッシング」とも言われます。

【引用:学生ローン完全比較・安心と実績の学生ローンを選びましょう


そして、業者の多くは東京都の高田馬場駅周辺に店舗を置いているという共通点もあります。この場所には早稲田大学などの有名大学や専門学校が多く点在し、学生の下宿も多くあったことから、学生の街として栄えたこの地に学生向けの貸金業者が集中しているのも自然な流れと言えるでしょうね。

 

学生ローンの利用には一定の条件を満たすことが必要!

学生ローンは高田馬場にて歴史が始まった金融業者ではありますが、消費者金融の一種でもあることから、貸金業法(参考:金融庁「貸金業法のキホン」に沿った営業を行っています。そのため、それぞれが独自の営業をしている訳ではなく、一定の決まりに従って融資をしているのです。

 

ですから、学生がキャッシングを利用する場合には、まず2つのことについて確認する必要があります。

 

  • アルバイトなどの安定収入があること
  • 基本的に20歳以上の学生であること

 

学生がローンを利用する時には、どんな業者でお金を借りるにしても本人に安定収入があることが条件となるのです。

 

基本的には20歳以上の学生であることが利用条件となっていて、18歳や19歳の未成年の学生がキャッシングしたい時には、高卒以上の学生を対象に融資してくれる業者を選ぶ必要があります。

 

また、学生証やその他の必要書類の提示が可能であることや、他社借入れが一定額以下であることも条件となる場合が多くなっています。

 

ネットでも有名な学生向けのローンはいくつもあるのですが、利用条件も含めて以下を参考にしてみてください。【ただしはじめて借りる方は、おすすめはプロミスなどの学生でも借り入れが可能なローンです)

 

学生向けのローン業者一覧
学生ローン業者名 利用可能額 金利 利用条件

アミーゴ

14.4%〜16.8%

3万円〜50万円

20歳以上で安定収入のある学生

カレッヂ

15.0%〜17.0%

1,000円〜50万円

高卒以上で安定した収入のある学生

イーキャンパス

14.4%〜16.8%

最大80万円

20歳〜34歳までの安定した収入のある学生

フレンド田(デン)

15.0%〜17.0%

1万円〜50万円

高卒以上で安定した収入のある学生

キャンパス

14.4%〜16.8%

最大50万円

20歳〜34歳までの安定した収入のある学生

ベル

15.0%〜17.0%

1万円〜50万円

高卒以上で安定した収入のある学生

マルイ

15.0%〜17.0%

1万円〜50万円

高卒以上で安定した収入のある学生

学協

17.52%

1万円〜40万円

高卒以上で安定した収入のある学生

友林堂

12.0%〜18.0%

1万円〜30万円

20歳以上で安定収入のある学生

 

このように、どの業者を利用するにしても学生であり安定収入があることは必ず満たすべき必要条件となっているのですが、利用できる年齢については業者によりマチマチとなっているんです。

 

 

学生ローンを利用するメリット・デメリットとは?

学生を対象にして融資を行っている学生ローンにはメリットが多いと言えるのですが、反対にデメリットもあるため、申し込みをする前にそれらについてきちんと把握しておく必要があるんです。

 

学生ローンのメリット・デメリット

学生ローンのメリット 学生ローンのデメリット
  • 安定収入の基準が緩い

  • 在籍確認がない

  • 郵便物の送付がないため親バレの心配が少ない

  • 業者との信頼関係が審査に影響することもある

  • 街金よりも低金利で利用できる

  • 卒業後も利用が可能

  • 銀行よりも金利が高い

  • 店舗が東京にしかないため来店が難しい

  • コンビニのATMで利用できない

  • 借入れや返済の方法が少ない

  • 土日や祝日だと借入れできない

 

 

学生ローンのメリットとは?

 

 

学生ローンを利用する時に気になるのことと言えば、自分のアルバイト収入でもキャッシング可能かと言うことでしょう。

 

ですが、学生ローンは他の金融機関に比べて安定収入の基準が緩くなっていますし、小規模での営業ということもあり業者との信頼関係が作りやすく、審査で人間性なども考慮してもらえるというメリットもあるのです。

 

また、学生向けのローンであることから親バレやアルバイト先の職場バレが心配という人にもしっかりと対応してくれます。そのために、在籍確認なし・郵送なしなど通常ならば難しいことでも、学生ローンでは基本的なシステムとなっているのです。

 

学生ローンは基本的に学生専用のローンですが、卒業後も利用可能な業者が大半であり、中には社会人の新規申込が可能な所もあります。卒業後に正社員やフリーターになっても街金の金利より低い学生ローンを利用できるというメリットがあるため、学生時代から利用していた業者で引き続きお金を借りる人も多いようです。

 

 

一定の目的があれば更に低金利に!

 

学生ローンの金利は一般的な消費者金融よりも低金利に設定されていますが、一定の目的があれば更に金利の優遇が期待できる業者もあります。

  • 学費:用途が学費であり、学費請求書などの提出が可能な場合
  • 海外渡航費用:留学や海外旅行・海外ボランティアなどの費用
【参考:学生でも融資可能!学生ローンとは

※ただし、目的を海外渡航費用とする場合には、業者によって審査で不利になる場合もあるため、事前の確認が必要です。

 

 

 

学生ローンのデメリットとは?

 

 

学生ローンにはメリットが多いのですが、規模が小さいことが理由となるデメリットもいくつかあります。
銀行カードローンを利用する場合、4.0%〜14.0%が平均的な金利となるのですが、学生ローンでは15.0%〜17.0%が平均であるため、学生ローンを利用する場合には高めの金利でお金を借りることになるんです。

 

また学生ローンは主に東京にしか店舗がないため、直接来店して申し込みや手渡しでの借入れ・返済ができるのは、東京近郊に住んでいる人だけとなってしまいます。地方に住む学生だと利用の方法が限られてしまうというのは小規模展開の金融業者を利用するデメリットと言えるでしょうね。

 

大手の金融機関ならばカードを使ってキャッシングや返済ができますし、全国どこの都道府県にいてもコンビニATMなどから利用をすることができます。学生ローンの場合にはこのようなシステムがないため、来店ができない場合には基本的に振り込みによる利用方法に限られてしまうのです。

 

また大手の消費者金融では可能な土日や祝日の即日融資についても、来店可能な人が土曜日に手渡しでお金を借りる以外では不可能となります。大半の学生ローンでは、来店以外では振り込みがキャッシングの唯一の方法となっているため、銀行の休業日に振り込みを依頼することができないからです。

 

ただし、平日以外で唯一営業している土曜日であっても、通常より申し込みの受付時間が短くなっていることが多いため注意が必要になります。

 

学生ローンはどんな用途で利用できるの?

学生ローンを利用したい時には、審査に通る用途がある程度決まっているため、どんなことでもOKとは言えないんです。業者から利用可能な用途として認めてもらえるのは主に以下のようなこととなるでしょう。

 

  • 学費・授業料
  • 生活費
  • サークル費用
  • 車やバイクなど欲しい物の購入代金
  • 卒業旅行の費用
  • 短期留学の費用

 

授業料などの学費の不足分を学生ローンで借りる際には、業者によって金利の引下げを受けることができますし、留学の場合にも同様のサービスが利用できる所もあります。

 

ただし長期の留学となると費用が高額になるため、最大で50万円までしか借りれない業者を利用する場合には1社だけでは足りない場合もあるでしょう。

 

その場合には、最大で80万円まで利用可能な業者もありますので、そのような所に申し込みをしてみると良いかも知れません。ただし、50万円を超える借入れの場合には年収を証明する書類の提出が必要になります。給料明細源泉徴収票などの提出を求められることになりますので、年収の金額に嘘があるとその場でバレるので正確な金額を伝える必要があるんです。

 

また、一時的に不足する生活費やサークル費用、卒業旅行の費用を捻出したい時にも学生ローンは便利です。更には車やバイクの購入代金、自動車学校の費用など必要な資金の一部を準備したい時にも学生ローンはおすすめのキャッシングサービスと言えます。

 

 

いくらまで借りれるかは『総量規制』が関係している

 

学生ローンで借りれる金額は審査で決まるため一概には言えませんが、最大でも総量規制で定められている範囲までとなるのです。これは年収の3分の1までしか貸金業者からお金を借りれないという法律であり、学費や留学でまとまったお金が必要な場合であっても、例えば年収が60万円だとその3分の1にあたる20万円までしか利用できません。
【参考:金融庁「総量規制とは」

 

審査に通りにくい用途に注意、ただし嘘はダメ!

学生ローンを利用する時には必ずお金を借りる目的があるハズですが、それが申し込みをする業者の提示する用途から外れる場合には,残念ながら審査落ちとなるでしょう。

 

ですが、嘘をつけばバレないと考える人もいると思います。それでも審査を行う業者のスタッフには豊富な審査経験がある人もいますし、その場合には嘘が簡単にバレることになるでしょう。

 

審査は主に電話での聞き取りとなるため、その場でのやり取りが重要になってきます。嘘をついていると具体的な内容を聞かれた時に焦ってしまいますし、その際に嘘がバレることもあるのです。嘘がバレると審査に落ちる確立が高くなるため事実ではない目的を申告するのはダメですよ。

 

例えば、このような利用目的だと学生ローン業者でサービスを利用できない用途となってしまうかも知れません。

 

  • パチンコやパチスロ、競馬などのギャンブル資金
  • 慢性的に生活費が不足している
  • 借金の返済資金

 

パチンコやパチスロ、競馬などのギャンブル資金は利用目的として認めてもらうことは不可能と言えるでしょう。ギャンブルをする学生が信用できないという訳ではありません。ギャンブルで使うお金を貸した場合、そのお金を返済できる可能性がとても低いだろうと推測できますし、更にお金が不足する可能性もあるからです。

 

また、基本的には生活費の捻出を目的とするキャッシングは可能です。それでも、生活費が不足することが慢性的となっている場合には、返済能力に不安を持たれることから審査に通りにくい状況となってしまいます。

 

他の金融業者から借りたお金の返済資金を目的として学生ローンからお金を借りることはできません。銀行や一般的な消費者金融ならば、おまとめローンというサービスが用意されている場合もありますが、学費などを借りることを目的とするローンではこのような用途に利用することは不可となっているのです。

 

嘘をついてお金を借りれても返済で苦労することに!

学生ローンは、決められている使途以外でお金を借りることができないため、学生なら誰でも業者のサービスが利用できるとは言えません。

 

ただし嘘がうまく通り無事にお金を借りれたとしても、返済するお金がない場合には何とか調達する必要があるため、毎月とても苦労をすることになります。

 

アルバイトを増やしたり親や友人に借りるという方法もありますが、それでもいよいよ返済するお金の工面が難しくなってきたという場合には、最終的にブラックリストに載ることになってしまう可能性もあるため、嘘をついてまでお金を借りるのはダメですし、このような用途で学生ローンを利用するのはやめたほうがいいですよ。

 

一度ブラックとなってしまうと、金融事故情報の登録が抹消されるまで1年〜5年という時間が掛かってしまうからです。

 

ブラックリストとは?

ブラックリスト(Black List)とは、警戒が必要な対象(一般にはユーザー)の一覧のこと。主に金融の分野においては信用情報機関を通じて業者同士で共有している事故情報(借金の返済における事故)が登録されているユーザーのことを指す。
【引用:金融・経済用語辞典「ブラックリスト」

 

一気に解決!学生ローン利用の心配な質問集

学生ローンを利用する時にはいろいろな心配点があると思います。特に初めてキャッシングを利用する人は不安もあるハズですし、例えばこんなことが心配になることでしょう。

 

金利や毎月の返済については不安もあることでしょう。また審査に通ることができるのか、お金を借りれたとしても就職に悪い影響があるのではないかなどの心配もあると思います。更には、借りたお金だけでは足りない時、追加融資をしたいと希望することもあるでしょう。

 

と言うことで、以下ではこれらの心配点をQ&A形式で一気に解決していきたいと思います。

 

学生ローンの利用が親や学校・アルバイト先にバレることはありません。
基本的に在籍確認なし・郵送なしというシステムでお金を貸してくれるため、自分で言わない限りキャッシングの利用がバレる心配はないので大丈夫ですよ。

 

ただし、返済の長期延滞がありながら業者との連絡が取れない状況が続くと、親元に連絡が入る場合もありますので返済の遅れには注意しましょう。

学生ローンの金利は一般的な消費者金融よりも低金利に設定されているので安心です。
銀行の金利と比較するとやはり高めということになりますが、学生ローンは学生が安心して利用できるサービスとなっているため、金利が低めに抑えられているんです。

 

また、学費が利用目的である場合には、金利の引下げが適用される業者も多くなっています。

学生ローンは無理のない範囲で毎月の返済ができるようになっています。
学生ローンで借りたお金の返済方法は大きく分けると2通りあります。1つは毎月決められた金額を返済する方法であり、2つ目は毎月1回利息以上の返済をして行く方法となるのです。

 

どちらの方法で返済するかは利用する業者によって異なりますが、どちらも無理のない範囲で返済ができるようになっているので安心ですよ。ただし、借り過ぎには注意が必要となります。借入れの金額が高額になると毎月の返済の負担が増大することになるからです。

基本的に20歳以上で安定収入のある学生ならば審査に通ることは可能です。
学生ローンの審査の基準は銀行や一般的な消費者金融と比較して緩い傾向にあります。安定収入の基準についても同様であることから、週に数日であってもアルバイトをしていれば審査が通ることが多いです。

 

また、電話審査で誠実であることを認めてもらえれば年収の金額が少なめであっても審査に通ることは可能と言われています。ただし、総量規制の範囲(年収の3分の1)を超える借入れはできませんので、この金額を超える希望額を申請しないように注意しましょう。

キャッシングを利用していることで就職の内定が貰えないなど不利になることはありません。
キャッシングを利用していることが一般企業にバレる心配はありません。金融機関以外の会社が個人の信用情報を照会することはできませんし、就職先が金融機関であっても与信以外で信用情報を照会することができない決まりになっているため、その場合でも借入れの履歴を知られる心配は不要と言えます。(参考:学生ローンで借りると就職や結婚の時に不利になるの?

 

世間では借金をすると就職が不利になるなどの噂もあるようですが実際には個人の信用情報を知る手段が全くないため、借金をしていることや過去に借入れをしていたことなどを知られる心配はないので安心してください。

現在借りている金額ではお金が足りない場合、条件が合えば追加融資の利用は可能です。
ただし、追加融資を利用するならば業者の定める一定の基準を満たす必要があります。

 

また追加融資の申し込みをするとその後に再審査も行われることになるのです。その際には例えば新規契約後4ヵ月〜6ヵ月が経過していることや、返済状況が良好であること、他社借入が少ないことなどがポイントとなります。(参考:借入枠の増額や追加融資は学生ローンでも可能?

 

追加融資を受ける際に気を付けたいのが総量規制です。最大でいくらまで借りれるかは利用している金融業者が審査により決定するのですが、法律でも借入れの上限が決められています。年収の3分の1となる金額が「その人の本当の利用限度額」となるため、自分の年収の金額を考えて追加融資を希望する必要があるのです。

 

ただし、50万円を超えない場合には収入証明なしでお金を借りれるため、年収の金額で嘘をつくことは理論上可能です。ただし、借り過ぎることで返済が困難になってしまいますし、長期の滞納はブラックとなる原因の1つになっているのです。このようなことになると最大5年間は新たなローンが組めない可能性が高くなるので、年収の金額の嘘はダメですよ。

わかりやすい3項目で3秒診断!!
※街の学生ローン業者よりも断然プロミスがおすすめです。

プロミスは学生にも対応している大手ですから安心!

※WEBからの申し込みでスピーディーな審査

※事前診断で借り入れ可能か調べてから申し込むのがポイントですよ!

◎→プロミス公式サイトはコチラ